FOURNOTES

クラス別でみる「評価に値する行動」とは
~若手・中堅編~

若手・中堅クラスの社員に、会社はいったい何を求めているのでしょうか?
会社が求めているものを知れば、あなたの評価も上がるはずです。

あなたは会社があなたに求めているものを
知っていますか?

昇給、昇進、ボーナスなど、会社に入ると同僚と比較される機会が少なからず発生します。がんばっているハズなのに、なかなか給料が上がらない。昇進しない。そんなスランプに陥っている人の方が、実は大多数です。
それでも時折見かけませんか?自分と同じ仕事をしているはずなのになぜか会社からの評判がいい人。同期で入社したはずなのに、5、6年たった今ははるか先を走っている人。あなたにはなぜその人が評価されているのかわからないかもしれません。なんであいつばっかり、と悔しく思っているかもしれません。特に若手のうちは目の前に一生懸命なのでこの傾向が顕著です。でもその同期が評価されている理由は、フタを開けてみると意外と単純なところにあります。「自分が会社から何を求められているのかを知っているから」です。会社が求めていることをそのまま実行できれば、評価がいいのも当然ですよね。

もちろん会社から求められることは、自分がどの立場にいるかによって変わってきます。「新人」「一人前」「チーフ」「課長」「部長」「役員」など、クラスごとに会社が評価に値すると判断する行動要件は変わってくるからです。まずは自分がどこに位置しているのかを理解し、それから今のクラスに求められている行動要件、つまりコンピテンシーを把握し、実行する。
会社に求めれられていることを実行できれば、スランプから抜け出し、会社からの評価もどんどんあがっていくはずです。
では、求められているコンピテンシーとは何なのでしょうか。

新人だからできなくても当たり前。
そんなことはない、見るとこはみられている。

新入社員は、まだ勉強中の身だから大抵のことは許してくれる。会社がフォローしてくれる。その通りですが、だからといって何も期待されていないわけではありません。
仕事に関してまだまだ半人前の新人だって、仕事での成果を上げることは期待されていなくても、求められるコンピテンシーというものは存在します。

とはいえ、その内容は難しいものではありません。ほとんどは、社会人としての基礎的な資質が問われるものばかりです。
例えば、誠実な対応が出来るかどうか。謙虚にふるまうことができるか、感謝ができるか、素直に謝れるか、などなど。与えられたチャンスや知識を吸収してのびていける素養があるか、会社としても今後気持ちよく育てていける人材かどうかは、ここで判断されてしまいます。
スキル的な面では、基本的な伝達能力、「報告・連絡・相談」がきちんとできるかどうかというものもあります。要点をまとめて的確に報告できるかどうか。その時々に合わせた報告手段をわきまえているか。社会人として最低限のスキル、気遣いが見られています。

他にも共感力や、チームワーク、学習意欲なども見られていますが、やはりどれも難しい事ではありません。こうした「当たり前」のことを意識し、実行できれば会社からの評価は上がっていくはずです。
さらに、繰り返しになりますがこれらは社会人としての基礎です。早い段階で気づくことができれば、いち早く次のステップへと成長できますし、またその後の伸びも変わってきます。

新人と呼ばれる20代中盤までにおいて、ほとんどの会社で求められているのは「明るさ」と「素直さ」です。とにかく5年間は言われたことを素直に受け止め実行し、その後の社会人人生で通用するようなビジネススキルの基礎を身に着けられるようにしましょう。

スランプに陥ったら見返そう。
一人前、チーフクラスに求められているコンピテンシー

新人クラスを卒業すると、中堅と呼ばれるようになります。1人で回せる仕事も増えてきて、部下もできるようになります。ただ、ようやく一人前、チーフクラスになったところでそこから伸びることができず、評価が下がってしまう人がいます。
これも、今の自分に求められているコンピテンシーを理解していないことが原因です。一人前と認められれば新人と同じ仕事をしていても評価されません。今の自分に求められていることを再度確認することが必要です。

一人前クラスには学習意欲や成長意欲など新人クラスから変わらず求められているコンピテンシーもありますが、メインは自分で考えて動くことが出来るかが求められています。具体的には、「主体的な行動」、「状況把握」、「自己客観視」、「企画提案力」などです。

さらに一歩進んでチーフクラスになると、状況に応じた柔軟な対応や相手に物事をわかりやすく伝える「コミュニケーション能力」、チームを活性化させるための「動機付け」など、周りを巻き込むために必要なスキルも求められるようになります。このクラスになると、自分の売上げにしか興味がないような人は、どんなに成績が良かったとしても会社から評価されなくなってしまいます。

このように、若手~中堅クラスでも、求められるものは違ってきます。自分が今何を求められているのか。会社から評価されるために、常にこの問いかけを忘れないようにしてください。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事