FOURNOTES

職場に「ホーム感」を抱いている社員の
パフォーマンスが高い理由

最近の検証で、職場に「ホーム感」を抱いている人材は、
業務でのパフォーマンスも高い傾向が分かってきました。

・「ホーム感」とは何なのか
・なぜ職場に「ホーム感」を抱いている社員はパフォーマンスが高いのか
この記事では以上の2点を解説していきます。

採用活動は書類選考、筆記試験、面接といった様々なフェーズで構成されています。その中でも、多くの企業が重きを置いているのが、面接ではないでしょうか?しかし、最近の検証では、入社時の面接の評価と入社後のパフォーマンスの間には、ほとんど相関性がないことが分かってきています。

一方で、パフォーマンスと相関関係にある社員の特性も徐々に明らかになってきました。その特性とは、会社や職場に「ホーム感」を抱いているかどうかです。この記事では、『「ホーム感」とはいったい何なのか』、『なぜ「ホーム感」があるとパフォーマンスが向上するのか』といった点を解説します。

「ホーム感」っていったい何?

まずはこの記事のテーマである「ホーム感」についてご説明します。「ホーム感」の根底にあるのは、心理的安全性です。心理的安全性とは簡単に言うと「余計なプレッシャーを感じていない」状態のことで、心理的安全性を感じていると、職場でも素の自分が出すことができます。

そして最近の研究によって、職場に「ホーム感」を抱いている社員の方が、業務パフォーマンスが高い傾向にあることが分かってきました。その陰には、人間にそもそも備わっている長期的視野と短期的視野の関係性があると考えられます。

人間には抽象的かつ戦略的な思考ができる長期的視野と、とにかく目の前のことに対処するために特化した短期的視野があるとされています。

具体例を挙げると、短期的視野は朝寝坊をした時です。必死で身支度を整えて向かったものの、大事な荷物を忘れてしまった……、という経験はまさに短期的思考そのもの。目的まで一直線に突っ走った結果、それ以外のものが見えなくなってしまったのです。

一方、長期的視野の具体例は、将来必要になるものを買う時です。今すぐはないけど近い将来に必要となるものは、性能や値段などを見比べながら、じっくりと考えた上で何を購入するか決めると思います。

ただ、長期的視野に立った判断の方が優れているかというとそうではありあません。例えば打ち合わせの現場に着く直前でボールペンを忘れたことに気が付いた時は、長期的視野に立って吟味などしている場合ではありません。さっさとコンビニで購入するべきでしょう。

このように、長期的視野と短期的視野はどちらか一方ではなく、そのバランスと切り替えが重要です。しかし、ことビジネスの場面で言うのであれば、最大限のパフォーマンスが発揮できるのは長期的視野に立った時のようです。

なぜなら、短期的視野にたってしまうと、普段はしないようなミスを起こしてしまうからです。皆さんにも身に覚えがあるのではないでしょうか。締め切りが目前に迫った時や、上司からプレッシャーをかけられている時に限って余計なミスをしてしまうことがありますよね。その理由は、余裕のない中で頭が短期的視野に切替わってしまい、一点しか見えない状態になってしまっていることにあるのです。

もちろん業務内容や職種によっては猪突猛進型の短期的視野が重宝されることもあります。しかし、少なくともクリエイティブな仕事が要求される職場においては、戦略的で自由な発想ができる長期的視野の方が、少ないミスで高いパフォーマンスをあげることができるのです。

そして、長期的視野に立って物事を考えるためには、その場所が自分にとって安心・安全であるという確証、つまり「ホーム感」がなければなりません。逆に、職場に「ホーム感」を抱くことができれば、その安心から高いパフォーマンスを発揮する長期的視野に立つことができます。これが、会社やチームに「ホーム感」を抱いている社員の業務パフォーマンスの高い理由です。

「ホーム感」と価値観の合致

稀に、「会社と社員の価値観の合致など必要ない。結果さえ出ていればそれでいい」という経営者や人事担当者がいますが、価値観の合致は、その職場への「ホーム感」を醸成させるための最低条件です。全く考え方や生き方の違う人がいる場所で安心・安全を覚える人などいないからです。

職場に「ホーム感」を抱いてくれるような社員に入社してもらうために、まずは価値観の合致する人を採用する。これが、採用活動に価値観の合致が求められる理由です。「結果を出しさえすれば価値観なんかどうでもいい」ではなく、「価値観が合致していないと結果は出せない」ということを覚えておいてください。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事