FOURNOTES

全ての人事担当者必見。あなたの「礎」となる本を3冊ご紹介します。

人事担当者が持つ人事のお悩みは、なかなか共有することも難しいため、
自分の(あるいは部署内の)力で解決しなくてはならないことも多いでしょう。
今回は、人事1年目から人事としてキャリアアップしたい人まで、
多くの人事担当者に読んでいただきたい本を3冊ご紹介します。

研修、育成、採用、配置…人事担当者が持つ悩みは尽きることがありません。中には、明確な指標がなく、手探りで進めなければいけない人事施策にやきもきしている方もいることでしょう。

実際、人事という仕事はあまり周りに理解されないものです。「プライドの高いエリート集団」「事務作業ばっかりやっていてなんだか暗い」「経営陣の顔色ばかり伺っていて現場の声は無視」・・・そのようなイメージを持っている人も少なくありません。

その状態で前述のような手探りの人事施策を打ち出しても、効果が出ないばかりか、社内の雰囲気や社員のモチベーション、人事に対する印象がますます悪化していく可能性があります。

では、人事担当者はどのように人事施策を進めていけばよいのでしょうか?
どうすれば、人事への好印象を持ってもらえるのでそうか?
そしてどうすれば、現場にも経営陣にも頼りにされるようになるのでしょうか?

その答えを探す際に助けとなる書籍をフォー・ノーツ株式会社代表 西尾太の著作3冊をご紹介しましょう。

人事が絶対にぶつかる「評価の壁」。乗り越えるための1冊

まずご紹介したいのは、この1冊です。

人事の超プロが明かす評価基準 (単行本) 西尾 太

「あの人より自分の方が頑張っているのに、なぜ評価されないのか?」
「係長、課長、部長、と昇進していくために必要なスキルは?」
など、評価する側だけでなく、評価される側も知っておきたいことをまとめました。

世の中には様々な業種の企業があります。小売店や飲食店のような店舗を構えている企業もあれば、社員が一日中パソコンの前に座って作業をしている企業もあります。だから、「評価の基準はこういうものだ」と一概には言えず、企業によって特色があるものである。意識的に、あるいは無意識的にそう考えている方は少なくないでしょう。

しかし、根本にある評価制度の概念は、非常にシンプルで、全ての企業に共通しています。人事担当者はどのような意識を持ちながら、評価制度を策定し、評価しなければならないのか。評価される側の社員は、どのようにキャリアプランを設計していけばよいのか。全社員に共通するお悩みに対するヒントが満載で、すべてのビジネスマンにお手に取っていただきたい1冊になっています。

あなたは、自社の「人事ポリシー」を明確に答えられますか?

働き方が変わる、会社が変わる、人事ポリシー 西尾 太

次にご紹介するのは、こちらの1冊です。

この章の題としても掲げさせていただきましたが、あなたは自社の「人事ポリシー」をすぐに答えられるでしょうか?どのような人材が自社に必要で、どのような待遇を持って迎え、どのように育成し、どのように評価をすればよいかが明確でしょうか。ぱっと答えられる方はそれほど多くないでしょう。

人材の定着率や採用などのお悩みは、もしかしたら「明確な人事ポリシーがないこと」が原因かもしれません。人事ポリシー策定のためには、ぜひ「働き方が変わる、会社が変わる、人事ポリシー」をご活用ください。人事ポリシーの重要性や、どのように策定すればよいかなど、詳しく解説しています。この本はいわば、人事のガイドブックです。

外から見れば華やかな印象を持たれがちな人事ですが、中には「人事は地味でつまらない、面倒くさい仕事」だと感じている人事担当者もいることでしょう。そのような方の意識を変える1冊になると思います。ぜひ、人事に携わる方には一度目を通していただきたいですね。

人事1年目から役職持ちまで、全ての人事担当者に必要な知識がここに

最後にご紹介するのは、こちらです。

プロの人事力 西尾太

2019年3月に出版されたばかりの最新著書になります。

人事担当になって1年目、右も左もわからない。どのように勉強すれば良いかわからない。そのような方に送る、人事のいろはから学び方、心構えまで、人事に必要な要素を網羅した1冊です。

先程、人事の印象は華やかな印象を持たれがちと申し上げましたが、それは採用や配置、研修の担当といった多くの社員の目に見える範囲内の話です。蓋を開けてみれば細々とした作業や現場との気が重い調整など、あまり楽しいとは言えない仕事もあるでしょう。そのような業務に対してどうやって向き合っていけばよいのか、そして社内でどのようなポジションを築いていけばいいのかなど、地に足をつけた人事担当者になるための知識が詰まっています。

また、人事の中でステップアップしていくために必要な能力やスキルについても解説しています。人事1年目だけでなく、役職を持つぐらい活躍されている方にも読んでいただきたいですね。

完璧な人間がいないように、完璧な人事施策というものは存在しません。誰かを立てれば誰かが割を食うことを踏まえながらも、人事施策を進めなければいけない立場にいるのが人事担当者です。ただし、一人でも多くの人に納得してもらえるように進めなければならないのは言うまでもありません。今回ご紹介した3冊を理解を得るための礎にしていただけましたら幸いです。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事