FOURNOTES

人事に配属される「新人」はどんな人?
新卒と中途の2パターンを解説

「なぜ自分は人事部に配属されたのだろう?」
人事部に配属されることの意味は、新卒と中途採用によって変わってきます。
今回は、入社してすぐに人事部に配属される人の傾向について解説いたします。

人事部に配属される「新人」は、果たしてどんな人が選ばれる傾向があると思いますか? 一言で「新人」といっても、新入社員と中途入社の社員ではそれまでの経験も、年齢も、心構えも全く異なるはず。それぞれどんな人が選ばれる傾向にあるのか、お伝えしましょう。

新卒は将来の幹部候補

まず新卒で人事に配属されるケースからご説明します。
ずばり、配属が決定した人は、喜んでいいかもしれません。なぜならば、人事に配属される人は将来的に幹部ポジションを見込まれていたり、期待を集めたりしている人が多いからです。人事部は会社の顔でもありますから、なるべく「手堅い人」を配置しようという意図も働きます。

といっても、新人の場合は入社時に実施したテストのスコアや学歴、面接などからしか判断することができません。そのため、必然的に学歴が高く、コミュニケーション能力があり、見た目には爽やかで清潔感がある――といった人材が配属されやすくなります。

翌年の新卒採用のために、年齢が若い人を配属する傾向も見受けられます。これは、就活生から見た時に、会社説明会や面接の際、自分と同年代の社員がいたほうが共感しやすいからです。たとえば「私も去年の今頃はあなたと同じ就活生だったんだよ」と会社説明会などで声をかけられたら、少しでも安心しますよね。緊張している就活生をほぐし、共感してもらうためにうってつけの役割なのです。

中途採用は実力者!

では次に、中途採用の社員のケースはどうでしょう。こちらも期待を持たれているのは同様ですが、新卒と異なる点は、他社の現場での実績を持っているという点です。そのノウハウを、自社の採用に活かしてほしいと期待されています。

終身雇用制から転職が当たり前となり、正社員、契約社員、はたまた副業採用など雇用形態も多様化しています。その一方で、人事領域では1990年代後半からスペシャリスト志向がブームになりました。極端に言えば「人事は面接官ができればいい」や、「労務管理で数字だけ見ていればいい」など、そういったパーツとも呼べる仕事を作業者としてこなせればよい、といった考え方です。その弊害として、いわゆる採用から異動配置、労務、制度と運用さらには社員教育までを俯瞰して立案し、実行できる「人事のプロ」人材が大きく不足しているのが実情と言えます。

中途採用で人事に配属された場合、いかに実力者だとしても、すぐにその会社の「人事のプロ」として活躍できる人は少数派です。「自分は期待されているんだ」という自信を胸に、経営者と理念やビジョンを共有し、現場ともコミュニケーションを図りながら、ぜひ全社を回せる「人事のプロ」を目指していってほしいところです。

本籍地が「人事」なのは期待の証

大企業にはしばしば「本籍」という考え方があります。新卒であろうと中途であろうと、一番初めに配属された部門が「本籍地」となります。そこから営業などの現場に異動することはあっても、それはあくまで本人の成長のための差配であって、将来的にはまた本籍地に戻ってくることが一般的です(もちろん全ての大企業がそうであるというわけではありません)。

まず人事に配属されたということは、そこがあなたの本籍地だということです。人事は本社機能を担う人間ですから、入社して初めに人事部に配置されること自体は期待されている証として誇ってよいでしょう。

ここまで書いてきたことを読んで、新卒入社で人事に配属された人は、すごく緊張してしまうかもしれませんし、「自分に務まるだろうか」と不安にも思うかもしれません。よく「人事に配属された新人が気を付けることや、心がけることはありますか」というご質問をいただくこともありますが、「ない」というのが私たちの解答です。「転ばぬ先のなんとやら」という言葉もありますが、言葉であれこれと聞くよりも、まず「転んでみよう」「転ぶことで覚えよう」という意気込みが大切であると言えます。

強いて言えば、机にへばりついていないで、なるべく社内をうろうろして、組織長や部門長にまずは顔を覚えてもらうように図ると良いでしょう。とはいえ、こうした職位にある人たちはおしなべて多忙ですから、むやみやたらと話しかけていては業務の妨げになります。あなたの顔を気持ちよく覚えてもらうために、どのようなコミュニケーションが適しているのか? まずは実践してみてください。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事