FOURNOTES

リモートワーク時代。変わりゆく『社員の不満』への処方箋

コロナ禍で活用されているリモートワークですが、社員から不満の声があがっている、という企業も多いようです。 一口に“不満”といっても様々なタイプの“不満”があります。例えば「集中できる自室がない」「自宅のPCの処理速度が遅い」「機密性の高いデータにアクセスできない」「インターネット回線が安定しない」といった労働環境面の不満。そして、「チームメンバーに気軽に声かけができない」「正当に評価されないのではないか?という不安」といったコミュニケーション面の不満などがあります。 今回は人事課題として、「コミュニケーション面」に絞ってリモートワーク環境下で起こりがち不満とその解決方法についてお話しします。

業務上の不満は評価?不安? 慢性的な疑心暗鬼に陥る社員たち。

リモートワークにおいて、なぜ社員は「正当に評価されないのではないか?という不安」を感じるのでしょうか。それはリモートワークにより今までとは違う、上司と部下のコミュニケーションスタイルになったことが主な要因です。

コロナ禍以前の上司と部下のコミュニケーションをみてみましょう。多くの企業では定時に出社し上司の目が届くところで仕事を行う。上司はその様子をみて部下が仕事をしていると認識し、部下も仕事をしていると認識してもらえる安心感があります。
残業は決して評価されるものではありませんが、上司が残業している部下に「今日はもういいから明日頑張って。」と、声をかけることは、部下にとって「仕事をしていることを認識してもらえた」「ちゃんと理解してもらえている」という、将来の評価に対する安心感に繋がります。
しかし、コロナ禍で普及したリモートワーク下においては上司の目が届かないところで仕事を行うため勤務態度で評価をすることができません。そこで上司は、仕事の内容と進捗を中心に部下とコミュニケーションを取るようになります。つまり、今までは「予定の仕事が終わらなかったけど頑張っている。でも完了できない。」という“社員側の事情”を上司が理解してくれているように感じられる(実際に理解してくれているかはおいておいて)環境があったわけです。しかしそれが、リモートワークでは「今日までの予定の仕事、終わらなかったんだね。」の一言で片付けられてしまい、努力していることは伝えるものの、社員としてはなんとも味気ない焦りに襲われてしまうわけです。そして、結果として攻撃的なコミュニケーションが発生したり、不安からのパフォーマンス低下に繋がったりします。

リモートワークでは、同じオフィスで働いているときのようにたばこ部屋で雑談をしたり、席に行って「ちょっとすみません」と話しかけたりすることができません。こうしたコミュニケーションは、実は社員が「上司(評価者)にきちんと見てもらっている」という安心感をもたらし、落ち着いて仕事に集中することに重要な役割を果たしていました。
例えば、一緒の部屋で、見えるところで仕事をしているだけでも「認識してもらっている」という絶大な安心感があったわけです。

そう、社員の「正当に評価されないのではないか?という不安」は、簡単に言えば、コミュニケーション不足の問題なのです。

人事は、コミュニケーションルールを策定せよ。

コミュニケーション不足による社員のパフォーマンス低下や情緒不安定などの課題を解決するために、人事担当者は積極的に「リモートワークを上手く進めコミュニケーションのルール」を策定していくべきでしょう。
例えば、お互い、実際に話しはせずとも「就業時間中はZoomで必ずオンライン状態にしておく」というケースもあります。リモートワークであっても、電話がけなどの一手間をかけずに、すぐに声掛け対応できる体制はチームワークを保つうえでも大事です。
ただし、中には「監視目的ではないか」と勘ぐる社員もいますので、「何の目的でこのルールがあるのか」をしっかり説明したうえでルールを浸透させていくことが大切です。
目的に合わせた適度なコミュニケーションルールをつくり、円滑に、かつ、チームを身近に感じられるコミュニケーションをとれる体制を徹底すれば、リモートワークからくる不安や不満を和らげ、仕事に集中できる環境を整える事が可能です。

「コミュニケーション」をいたずらに増やすのは愚策である

注意していただきたいのは、何でもかんでもコミュニケーションを増やせばいいというものではない、ということです。
年末年始はオンライン忘年会、新年会を開催した企業もあったようです。ですが、通常の飲み会のように終わりが無いことから「長時間、自宅から参加を強制されて苦痛だった」という声も聞きました。大切なのは、業務上でのコミュニケーションをとれる体制を作るということです。
みんなで話すことが大事なのではなく、「上司やチームと一緒に仕事をしている空気感」が大切なのです。コミュニケーションとは、会話をすることだけではありません。無言でも、一緒の空間にいる、同じ時間を共有して仕事をしていると感じられることも、重要なコミュニケーションであることを覚えておきましょう。

同じオフィスで働いていたときはあたり前にできていたコミュニケーションが存在しない。これは、想像以上に社員に心理的な負担をかけてしまいます。
それを補完するために、自社にどんなルールや制度が必要なのか?考える機会を作ってみてはいかがでしょうか。

超ジョブ型

テレワーク時代には「ジョブ型」に留まらず、「超ジョブ型人事」が不可欠。
その一番の理由は、テレワークをはじめとするこれからの働き方には「監視しない事が重要であるから」です。

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

会社になくてはならない、
将来を支えてくれる存在が、
「自分は評価されていない」と
感じ会社を去っていく。

このシチュエーションはここ10年で過去にないほどよく見かけるようになりました。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事