FOURNOTES

「通年採用」で、実現できること&できないこと

金融業界を中心に、「通年採用」を採用しはじめた企業が登場しはじめた2020年。ニュースでも世の中を大いに賑わせ、注目を集めました。さて、この「通年採用」は、今までの採用制度とどう違うのでしょうか?また、通年採用は、採用力に影響はあるのでしょうか?「通年採用」を行ううえで押さえておかなければならない大事なポイントは何でしょうか?今回は、「通年採用」の効用について、お話しします。

通年採用制度とはなにか?

そもそも「通年採用」とはどのような制度でしょうか?
「通年採用」と一緒に語られることが多い、「新卒一括採用」と比較して整理してみましょう。
まず、「新卒一括採用」というのは、新しく卒業する大学や専門学校、高校などの学生を対象とし、採用日程・入社時期を統一して行う採用方式です。学生は、内定を受けた企業に、卒業後に入社する流れをとります。それに対して、「通年採用」というのは、新しく卒業する学生や既卒者について、年間を通じて採用活動を行う採用方式です。
従来の日本で一般的に行われていた新卒の採用方式が「新卒一括採用」です。そして、現在でも転職希望者に対して行われている採用活動と同様に、時期に関わらずいつでも募集している方式が「通年採用」ですね。
一般的な日本企業にとって、新卒に関しても「通年採用」を取り入れることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

通年採用の推進にはメリットがある

「通年採用と新卒一括採用はどっちが優れているのか?」とよく聞かれますが、基本的に「通年採用は新卒一括採用よりも優れている」と考えて大丈夫です。その理由は色々とあります。
例えば、海外の大学に通う学生や、卒業時期が3月ではない学生など、短期決戦となる一括採用の時期には就活できない学生もいますから、一括採用では応募が来ない多様な人材を採用できるという面でメリットがあります。
また、インターンなどを経て随時採用をしていく形式を取れば、自社への適性を見極めて採用できることができ、ミスマッチングを防ぐことにも役立ちます。
さらに、短期決戦となる一括採用では、内定辞退も課題となります。志望企業に落ちるリスクを軽減するために、とにかく沢山の企業を受ける学生が多く、複数の内定を取得するケースも少なくないため、内定辞退が増えてしまうのです。それに対して、通年採用では駄目だったら次、というスタンスで受けてもらえるため、内定辞退が発生しにくいのが特徴です。

しかしながら、「通年採用」も万能ではありません。「特別なスキルを持つ人材」を採用する必要がある場合、一括採用や通年採用という、一般的な採用方法だけでは駄目なのです。

特別なスキルを持つ人材の確保には、思い切った待遇の工夫が必要

特殊なプログラミング技術や、ハイレベルな研究成果を上げた学生など、「特別なスキル」で企業をリードしてくれるような学生は、一括採用や通年採用だけでは確保する事ができません。なぜなら、現在の市場環境では、そのような優秀な人材は引く手数多です。外資系のIT企業など初年度年収が1000万を超えるような待遇も珍しくありません。

これらの「特別なスキルを持った優秀な人材」を採用するには、どうすればよいのでしょうか?答えはとてもシンプルです。「より良い待遇を用意すること。しっかりと評価の見える化をすること」が解決策です。
先ほど例示したような、高い報酬を用意するというのは一つの手段です。ですが、予算的に現実的でない場合は、人事制度をわかりやすくし、将来の待遇に魅力を感じてもらうことや、経営陣みずからの説得など、やれることはたくさんあるはずです。

コロナ禍が象徴する激動の時代。この激動の時代を乗り越え生き残れば、次世代をリードする企業になれるはずです。そのために多様な人材を確保することは、重要な人事の仕事です。多様な人材を採用できるよう、通年採用の導入や、特別なスキルを持つ人材を確保するために制度を工夫するなど、今の時代の人事には様々なチャレンジが期待されています。

超ジョブ型

テレワーク時代には「ジョブ型」に留まらず、「超ジョブ型人事」が不可欠。
その一番の理由は、テレワークをはじめとするこれからの働き方には「監視しない事が重要であるから」です。

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

会社になくてはならない、
将来を支えてくれる存在が、
「自分は評価されていない」と
感じ会社を去っていく。

このシチュエーションはここ10年で過去にないほどよく見かけるようになりました。

人事ポリシー

「いい人が採れない」
「社員が自ら成長してくれない」
「大切な人が辞めてしまう」
……と思ったら、即読む本!
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。

評価基準

ー「なぜ、あの人が?」
多くの企業は「重要な人材」に限って辞めてしまうと嘆きます。
それは、当然のことです。「重要な人材」は優秀ですから、あなたの企業のある事に、一番最初に気が付きます。だから、辞めるのです。
11,000人超の人事担当者から絶大な支持を得るコンサルタントが、今まで9割の会社が明かさなかった「絶対的な指標」を初公開!

プロの人事力

人事の“必須科目”を押さえる
プロの人事力
次のステージに向けて成長するためのキホン

人事担当者に必要な知識・学び方、仕事に対する心構え、業務との向き合い方、さらには人事マネージャー、人事部長へとキャリアアップするために必要な能力・スキルを一挙公開

人気の記事

最新の記事

類似記事